周りがアンチだらけなら早く環境を変えよう

人間関係

社会では
「出る杭は打たれる」という風潮がある。

周りから異質だと評価されている人は
なぜか叩かれやすい傾向にある。

こういう人たちは
多くのアンチを作ることになる。

そして、
そのアンチが増えれば増えるほど
ストレスは溜まりやすくなる。

もし、周りがアンチだらけの環境なら
思い切って環境を変えてみた方がいい。

そこでの人間関係を改善するより
新しい場所で新しい関係を築く方が
明らかに手っ取り早いから。

「周りを変えてやろう!」
「みんなに好かれるように頑張ろう!」
と思っても実際それは非常に難しいから。

そして、精神的にもキツいだろうから
おすすめしない。

明らかに労力の割に
結果が出る可能性が低いんだよね。

たとえば
職場においての人間関係がキツイなら

転職する。
退職する。
独立する。
異動させてもらう。

さっさとこういう決断をした方がいい。
そして行動をした方がいい。

実際これらが最も合理的な解決法だから。

そこで粘って勤務を続けたからといって
プラスに運ぶ可能性は低い。

現時点であなたのことを嫌いな人が
今後あなたのことを好きになってくれる
可能性というのはゼロに等しい。

要するに無駄な努力というわけだ。

嫌ってくるやつに好かれようなんて
思う必要は一切ない。

本当にコスパが悪いから。

さっさと距離を置こう。
潔く身を引こう。
無駄な努力は避けよう。

その方が自分にとっても
相手にとっても精神衛生上いいから。

そんなことに労力を割くくらいなら
アンチ以外の人たち
つまり大切な人たちに注力しよう。