断られることに慣れろ

メンタル

無駄にプライドが高い人は断られることを無駄に恐れている。

これは好きな人に告白するのだってそう。

仕事で誰かに頼みごとをするのだってそう。

断られると自分のプライドが傷ついてしまうから…というのを潜在的に意識している。

しかし、人生なんて断られることの連続だし、断られることが当たり前と思えてないと苦しくなってしまう。

あの時あの人に告白出来ていたら…

あの時あの人にあのことをお願い出来ていたら…

というのを後で後悔するのなんて嫌じゃね?

そんな後悔をするくらいなら、プライドを捨てて断られること覚悟で行動しておいた方が良かった~ってなるよね?

無駄なプライドは人生において100%邪魔になるんだよ。

自分の人生の可能性を絶対に下げてしまうんだよ。

それが分かっているなら断れる覚悟で何事も行動した方がいいよね。

ところで断られるのに慣れるにはどうしたらよいのか?

それは簡単。

とにかく断られるシチュエーションを自ら作るといい。

告白とか重たい頼みごととかが厳しいなら簡単なお願いごとをすればいい。

旅行先で道を聞くでもいい。

浅い関係の友達をご飯に誘うでもいい。

すんなりオッケーをもらえた成功体験は自信にも繋がるし、断られることもまた無駄なプライドを和らげてくれる。

どっちにしても一石二鳥なんだよ。

間違っても「あいつ、俺のことを断ったなー!」のように怒ってはダメ。

そもそも他人はあなたのお願いを受け入れる義務はないんだから。

このように断れることに慣れておくと無駄なプライドを軽減することができ、人生の幅を大きく広げてくれるから明日からでも何かお願いすることを実践してみよう。