人間関係が上手くいかないのは自分のせい

人間関係

人の悩みのほとんどは人間関係だと言われている。

そして実際に多くの人がこの人間関係で悩んでいる。

ところで人間関係の悩みはどうして生じるのだろうか?

嫌なやつがいるから?

会話が噛み合わないやつがいるから?

たしかにそれもあるかもしれない。

しかし、大半の原因が自分にあったりする。

人それぞれの価値観は違うということを割り切れないせいで悩んだり。

自分のことを好きになれないせいで他人のことも好きになれなかったり。

過去に人間関係で悩んだからといって現在の環境にもそれを持ち込んでたり。

ネガティブで挙動不審で常に他人の顔色を伺っていることで相手に不快感を与えたり。

相手の話は受け入れず自己主張ばかりしていたり。

頑なに心を閉ざしたままだったり。

このようにして人間関係が上手くいかないのは、ほとんどが自分のせいだったりする。

自分の振る舞いや表情が相手に不快感を与えているということ。

自分のせいと認めたくないのも分かる。

でも、自分で少しずつ改善していくという意識を持つことが大切。

これが出来ないと一向に人間関係の悩みは解消されないから。

今まで他人のせいにしていたところを少し抑えて自分を見つめ直す機会に変えていこう。