自己嫌悪に陥る原因は?

メンタル

自己嫌悪に陥ってしまうのはなぜだろう?

それは自尊心が低いから。

自己嫌悪とは、自分に対する嫌悪感のこと。

この嫌悪感は、自尊心の欠如と深い関係がある。

「自分はろくに何もできない…」

このような自分のことが嫌になる感情が積み重なると、自尊心が更に傷つき立ち直れなくなる。

こういう負のスパイラルを断ち切るためにも、自尊心を育むことはとても重要になる。

自尊心が高ければ、ちょっとしたことで嫌悪感を感じなくなる。

自尊心が高ければ、物事をポジティブに見れるようになる。

反対に、

自尊心が低ければ、物事をネガティヴに見る癖がつく。

そして、ちょっとしたミスや失敗から必要以上に自分を責め、自分自身を嫌いになってしまう。

そうならないためにも、自尊心を高め、自己嫌悪に陥らないように努力をしていく必要がある。

ところで

なぜ自尊心が低い人がいるのか?

それは、

自分に満足していないから。

自分に満ち足りてないから。

なりたい自分とかけ離れているから。

などの理由がある。

そして、どうやって自尊心を高めるのか?

それは、

自分を満たすことが必要。

なりたい自分に近づくことが必要。

すなわち、行動や努力が必要だということだ。

それが出来たら苦労しない、とかすぐ言うやつもいるが、そんなことことはどうでもいい。

文句を言わずに行動するんだ。努力をするんだ。

頭が良くなりたいなら勉強すればいい。

綺麗になりたいならダイエットすればいい。

逞しくなりたいなら筋トレでもすればいい。

可愛くなりたいなら美容の勉強をすればいい。

男らしくなりたいなら格闘技でも習えばいい。

モテたいならファッションの勉強をすればいい。

自尊心を高めたいならこういった行動をして、努力をするしかない。

なりたい理想の自分に近づくには努力が必要なんだ。

成果が出始めると、自ずと自尊心も高まってくる。

もちろんすぐに成果も出ないし、自尊心もすぐには高まらない。

でも、継続するんだ。継続してると必ず成果が出るから。

成果が出ると、嬉しくなり自尊心も高まるから。

そして、なりたい自分に近づくことができ、自己嫌悪に陥ることもなくなるから。

自尊心と自己嫌悪は深く関係している。

自己嫌悪に陥りやすい人は、自尊心を高めろ。

自尊心を高めるには、理想の自分に近づくための努力をしろ。