恋愛もマーケティングだ。

男は女性に何を求めているのか?

女性に求めることはもちろん人によって違う。

自分の身の回りのお世話を
してくれる人を望む人もいれば
性的な事柄だけを望む人もいる。

他にも、
お互いに高め合える関係性を望む人もいる。

「男は勝手な生き物だな…」
「もっとピュアな恋愛を…」
「もっと純粋な思いの人と結婚したい…」

などと思うかもしれないが、

何かしらのメリットがないのなら
恋愛も結婚もする必要がないので
こればかりは仕方のないこと。

ちなみに
一緒に居て落ち着くとか
一緒にいて楽しいとか
こういうのもメリットになる。

そもそも恋愛だけに限らず
誰かと一緒に過ごすとか
誰かと仲良くするとか
これははメリットがあるから行うもの。

メリット無くして
基本的に人付き合いは成り立たない。

だからこそ恋愛や結婚をしたいなら
自分は相手に何を提供できるのかを
認識しておいた方がいい。

そこまでしてメリットとか
考えないといけないの?
っ思うかもしれないがこれは重要。

興味を持ってもらえないと
恋愛なんて何もスタートしないのだから
こればかりは仕方ない。

今の私を見てほしい!
っていうのは今の自分で異性を十分に
惹きつけれるようになってからの話。

結局、
恋愛や結婚、人間関係というのは
「マーケティング」みたいなもの。

「自分」という商品を
どの層のどのレベルの人に
どのような手法で売り込んでいくか?

そのために自分にどのような
付加価値をつけるか?

こういう戦略はある程度必要。

恋愛や結婚をしたいなら
相手に欲してもらいたいなら

自分は相手に何を提供できるのか
どんなメリットを与えられるのか
をなるべく明確にしておいた方がいい。

メリットといっても
美貌でもいい。
居心地の良さでもいい。
料理の上手さでもいい。

これは何でもいい。

どっちにしても恋愛を含む人間関係は
「メリットの与え合い」
ということを忘れてはならない。