当たり前は人それぞれ違う

人間関係

多くの人にとっての当たり前が
自分にとっては違うってことはよくある。

逆も然りで、

あなたの当たり前が
他の人に通じないってこともよくある。

人は自分が当たり前だと思っていることを
相手にとっても当たり前だと考えてしまいがち。

結婚するのは当たり前。
遅刻しないのは当たり前。
就職活動するのは当たり前。
会社に勤めるのは当たり前。
仕事に真面目に取り組むのは当たり前。

このように多くの人は
こういう事象をみんな共通の価値観と考える。

しかし実際には、
世の中にはさまざまな価値観の人がいる。

結婚なんて絶対にしない。
遅刻したって別にいい。
就職なんてしなくてもいい。
会社なんて辞めたければ辞めればいい。
仕事なんて適当にやればいい。

などと考える人もいる。

そして、そんな人たちに
「そんなの当たり前だろ!」
と言っても全く通じないのだ。

今までに学んできたこと
今まで感じてきたこと

これらは人それぞれ当然違う。
ゆえに人それぞれ価値観は違う。

自分が当たり前だと思うことを
当たり前なこととして会話すると
噛み合わないことが多々あるよね?

もし違う価値観の人がいたら
「そういう考え方もあるんだ~」
くらいで軽い感じで受け止めるだけでいい。

それで相手を十分尊重してることになるから。

くれぐれも自分の価値観を
相手に強要しようとするのはやめよう。

そんなことしてると周りの人がいなくなるから。

自分の価値観に合わせてもらいたいときは
当たり前を押し付けようとせず
お願いするような形で歩み寄ろう。

あと、
価値観を合わせてもらえなくても
怒らないようにすることが大切。

怒ってもストレスだけが溜まるだけで
デメリットしかないから。

そもそも自分以外の他の人たちは
「違う種族の動物」だと思っておけばいい。

すると
当たり前が同じなわけない
と思えるようになるから。

何度も言うけど、決して他人に対して
価値観の強要はしてはいけないよ。

もし反対に
周りに価値観を強要してくるやつがいたら
徹底的に距離を置こう。

そういうやつは害でしかないから。

あなたにとって他人との当たり前は違う。
他人にとってあなたとの当たり前は違う。

これは当然のこと。
互いに貶したり蔑んだりする必要はない。

ただ軽く受け流せばいいだけなんだから。